Linux Kernel 2.6.39.4 for HDL-GXR

ダウンロード

注意

  1. 自己責任で使用してください。サポートなどは一切ありません。
  2. 2.6.39.4用の.config を改変したものです。

使い方

1.2.6.39.4 のカーネルソース、上記カーネルパッチ をダウンロードして、適当な場所に置きます。
2.カーネルソースを展開し、パッチを当てます。

# tar xvfj linux-2.6.39.4.tar.bz2
# cd linux-2.6.39.4/
# patch -p1 < ../hdl_gxr_kernel_2.6.39.4.patch
patching file arch/arm/boot/compressed/head.S
patching file arch/arm/kernel/head.S
patching file arch/arm/mach-orion5x/Kconfig
patching file arch/arm/mach-orion5x/Makefile
patching file arch/arm/mach-orion5x/hdl_gxr-setup.c
patching file arch/arm/tools/mach-types

3..config を整備

# ARCH=arm make menuconfig

ポイントは以下の2点。
General setup ->
Enable deprecated sysfs features to support old userspace tools
をオフにする
Boot options ->
Default kernel command string
console=ttyS0,115200 root=/dev/sda2 ro mem=128M を設定
Always use the default kernel command string
をオンにする
(Boot optionsの2点は、u-bootでパラメータを与えられる場合には不要)
.config は以下のようになります。

# CONFIG_SYSFS_DEPRECATED is not set
CONFIG_CMDLINE="console=ttyS0,115200 root=/dev/sda2 ro mem=128M"
CONFIG_CMDLINE_FORCE=y

.config サンプルでは、上記の設定をしています。

4.makeします。

# ARCH=arm CROSS_COMPILE=arm-linux-gnueabi- make uImage modules

できあがったら、カーネルとモジュールを配置して、リブートします。

  • arch/arm/boot/uImage をHDL-GXRのsda1にコピーし、名前を uImage.gxr に変更する。
  • # ARCH=arm INSTALL_MOD_PATH=(どこか) make modules_install

等として、(どこか)/lib以下を、HDL-GXRのsda2にコピーする。

5.コンパイル済みのカーネルを使う場合、

$ tar xzvf kernel-2.6.39.4-hdl_gxr.tar.gz
$ cd kernel-2.6.39.4-hdl_gxr
$ cp boot-2.6.39.4-hdl_gxr/* /boot
$ cp lib-2.6.39.4-hdl_gxr/lib/* /lib

参考記事

“Linux Kernel 2.6.39.4 for HDL-GXR” への1件のコメント

  1. […] 2.6.39.4用カーネルパッチに基づいて、内容を3.16.3用にしたものです。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です